2017.02.20

【2016年度】半農半X型農業インターンシップを実施!

こんにちは!

2016年度、大豊町インターンシップ事業を行わせていただきました。NPO法人ONEれいほくの矢野です。

来年度も同じようにインターンシップを開催させていただく予定ですので、興味のある方は今年度の様子を参考にして、ご参加を検討ください。

また、こちらで随時情報を更新していきますので、どうぞよろしくお願いします。

 

半農半X型農業インターンシップの概要

今年度おこなった、半農半Xインターンシップはこれから農業をしてみたい人も、いきなりの研修や新規就農に向けたことをしていくのは若い人にとっては特にハードルのあることなのかな〜と感じています。

なので、農業だけを学ぶ、従来通りのインターンシップとは違う、半農半X(農業以外のXをナリワイと組み合わせて)をテーマに農業だけではなく、自分の興味のある分野のナリワイについても同時に学べる機会を入れています。

今年度の講師として来ていただいたのは、隣町本山町へ一昨年度移住をされ、さまざまなところで活躍されているプロブロガーのイケダハヤトさんです。

彼は実際に小さな農地を作りながら、インターネットを活用したビジネスをされている方です。まさに半農半Xの事例となる方です。

そんな方のお話を聞くことで、自分の生活や生き方に新しい価値観を得られるとともに、自分自身の生活にどうやって農業を取り入れていくのかをリアルに考えられる機会としています。

基本的には、

・農作業体験

・半農半X講演会&交流会

・自分を見つめるワークショップ

という3つの構成を元にインターンシップが行われていきます。

では、実際に今年度行われたインターンシップの様子を写真を中心にお伝えしていきましょう。

インターンシップ中はこんな感じ!

今年度は1日間の体験コース、5日間の入門コース、12日間のアドバンスコースというコース分けをして、インターンシップを開催しました。

特に入門コース、アドバンスコースのインターン内容をざっと紹介していきます。

参加者はまず、オリエンテーションと自己紹介をしていきます。

全国から数〜10名の参加者が訪れ、これから一緒に共同生活を送っていくので、互いのことをよりよく知る時間はとても大事です!

その後、農業実習中の注意点などをしっかりお伝えして、次の日の実習へ向けて疑問点などがない状態にしておきます。

実習内容は季節ごとで大きく変わりますが、種植えから、収穫まで様々です。天候などにも左右されるため、希望の作業が必ずできるというわけではありません。

実習の拠点である大豊ゆとりファームは大規模に農業を行っているため、さまざまな体験がでkるので、初心者の方でもある程度融通の聞く体験実習ができるでしょう。

半農半Xの実践者である方のお話を聞くことで、自分のこれからの生き方にどう農業を加えていくかを考えるきっかけと共に、自分の学びたい、興味のある分野も農業と一緒に学べる楽しく、ためになるプログラムとなっています。

実習中には自分たちが働くだけではなく、個人で農業をされている方のところにリアルなことを学びに行きます。実際に農業を始めてよかったこと、大変なこと、必要なことなど年代の近い方から話を聞くことで、自分たちが実際に農業をしてくイメージ頭の中に描くきっかけになります。

普段は絶対にできない農業体験をできるので、学ぶことはいっぱいあります。

自分のこれからのことや、今までのことをじっくり見つめなおし、考える時間もあります。

実際にこれからの自分の人生に、農業をどんな風に取り入れていくのがいいのか、一緒に集まった仲間たちと語りながら、深めていきます。農業とは自分の人生を考える上でとても素晴らしい題材なんですね。

考え、導き出せたことを一緒に参加している人たちで共有します。

農業実習を経て、ワークショップをしていくことで今まで自分が見えていなかった自分のことやこれからにつながる可能性、さまざまなことが見えてきます。

それを実際に実現するために必要なことはなんなのか、そんなことを考え、まとめていくことがこの農業インターンシップのゴールです。

 

生き方と農業とを一緒に考えることのできるインターンシップ。

 

それが、半農半X型農業インターンシップです。

 

今年度の実績

・平成28年9月12〜16日  入門コース①(7名)
・平成28年9月26〜30日  入門コース②(10名)
・平成28年10月24〜11月4日  アドバンスコース①(8名)
・平成28年11月21日〜12月2日  アドバンスコース②(7名)
・平成28年10月9日  高知大学えんむすび隊受け入れ①(7名)
・平成28年11月26日  高知大学えんむすび隊受け入れ②(6名)
・平成28年12月10日  京都、東京学生体験受け入れ(15名)

 

今年度は全国から60名の方に参加していただきました。どうもありがとうございます!

来年度も開催する予定ですので、ぜひ興味のある方は、こちらから情報をキャッチしてください。



山村農業実践センター メニュー