2018.02.01

大豊の有機農家さんってどんな人がいるの?徹底紹介します。

健康・環境に良いとされている有機野菜。

高知県の山間部にある大豊町では、そんな有機野菜の栽培に力を入れています。

大豊町には有機農家さんが多いというけど、実際はどんな人がいるのだろう。

そう思う方も多いのではないでしょうか。

今回は、大豊町の農家さんに関して紹介させて頂きます。

どんな作物を作っているの?

大豊町の有機農家さんは、各農家さんの方針のもと様々な作物を作っています。

例えば、トマト・ミニトマト・ナス・ほうれん草・小松菜・しょうが。などなど。

トマト・ミニトマト・しょうがに関しては作っている農家さんが多いのが特徴です。

また、露地栽培している農家さんもいます。

どんな人が就農しているの?

大豊町への就農者は大豊町が在る高知県出身の方はもちろん、県外や四国外からも多くの方が就農しています。

具体的には北海道・山形・神奈川・埼玉・愛知・大阪・愛媛などなど。

中には歯科技工士やITエンジニアなど全く違う仕事をしていた人も就農し、農業を通じて新たなライフスタイルを手に入れたり、人生の喜びを見出すことに成功されています。

農業未経験から挑戦している方も多いです。

実際に5名の就農者にインタビューを行っていますので、ご興味を持って頂けましたらご覧くださいませ。

▼実際に就農している方へのインタビュー記事はコチラ▼
【農家さんにインタビュー】地域おこし協力隊として地域に眠っている価値を掘り起こすー高橋 宏暢さん

【農家さんにインタビュー】大好きな景色は守りたい場所に。若手農家の挑戦ー田畑 勇太さん

【農家さんにインタビュー】”おいしい”で守りたい人々の健康ー杉本 和也さん

【農家さんにインタビュー】自分の人生は自分で作る。人生を”かえる”農園を営む仲良しご夫婦ー塩谷 学さん・陽子さん

【農家さんにインタビュー】脱サラ農家がトマトと作り上げてきたのは”満足のいく自分の人生”ー間 浩二さん

大豊町で有機農業をしませんか?

大豊町は高知県の中山間地域にあります。

各山の斜面に集落を作って住んでいるような地域なので、農家同士が離れており、農薬の影響を受けにくく有機農業をしやすい環境です。

また、標高が高い地域のため出荷の時期をズラす事もできます。

もし、大豊町での有機農業に興味を持って頂けるようでしたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

電話でのお問い合わせ:0887-73-0978
※受付時間:9時〜17時(土日祝を除く)
※メールでのお問い合わせはコチラ



山村農業実践センター メニュー

Copyright (C) 大豊町立山村農業実践センターAll Rights Reserved.